地方銀行の大正銀行「大正ポケットカードローン」とは?

地方銀行の大正銀行「大正ポケットカードローン」とは?

大正ポケットカードローンの商品紹介

大正銀行カードローンキャプチャ

大阪府には第二地銀として大正銀行がありますが、同じ大阪府の第二地銀でも関西アーバン銀行と比べると10分の1程度の規模しかありません。

 

大正銀行は三菱UFJフィナンシャルグループ(MUFG)の関連会社となっていることから、社長には三菱東京UFJ銀行出身者がなっています。

 

また、2016年に香川銀行と徳島銀行の親会社であるトモニホールディングスと経営統合されることが決まっています。

 

なお、大正銀行という名前は大正時代に創業されたことに由来します。その大正銀行は「大正ポケットカードローン」を販売しています。

利用するには大阪府・京都府・兵庫県・奈良県・和歌山県が条件!

利用条件は大阪府・京都府・兵庫県・奈良県・和歌山県に在住か、勤務していることです。対象者は幅広く、パート・アルバイト、派遣社員、専業主婦、年金生活者、学生でも利用できます。なお、申込は大正銀行の口座が無くてもできますが、カードローンの契約と同時に口座を開設しなくてはなりません。

 

申込はホームページ、電話、FAXから行うことができ、ホームページから申込む場合は申込用フォームに本人情報や勤務先情報、他社借入情報などを入力して送信します。

 

その後、仮審査が行われますが、仮審査の結果案内は基本的に当日中に電話に入ります。仮審査に通ったら、口座のある支店に行って正式な申込手続きをします。

 

利用限度額は10万円単位で500万円まであり、金利は4.8〜14.5%と、都市銀行カードローン並みになっています。

 

ただ、利用限度額が100万円を超える場合は年齢が65歳以下であること(100万円以下は70歳未満)、給与所得者は勤務年数が1年以上で、かつ年収が200万円以上であること、個人事業主は営業年数が1年以上で、かつ所得がゼロでないことが必要です。

 

なお、利用限度額が200万円超になると年収証明書類の提出が必要です。

三菱東京UFJ銀行ATM手数料無料なのはお得!

借入はATMから行いますが、三菱UFJフィナンシャルグループとの関係から、三菱東京UFJ銀行のATMの利用手数料が無料になっています。

 

利用できるATMはその他、ゆうちょ銀行やMICSマークのある金融機関のATMがあります。

 

約定返済は毎月10日の大正銀行口座からの引き落としで、約定返済額は借入残高に関わらず、利用限度額が50万円以下の場合は1万円、50万円超100万円以下では2万円、100万円超200万円以下では3万円などとなっています。なお、約定返済の他、任意にATMから追加返済もできます。

 

ちなみに、返済が滞ると保証会社であるSMBCコンシューマーファイナンス(旧プロミス)が利用者に代わって大正銀行に債務額を代位弁済するため、以降返済はSMBCコンシューマーファイナンスにすることになります。

 

総合的に見て、大正銀行カードローンは他の地銀と同じようなスペックであり、特に金利が安い!と言う訳ではありません。しかし、銀行カードローンなので総量規制対象外主婦でも借りられるのが大きなポイントと言えるでしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ